歯石除去について

歯石は歯垢を放っておくと出来てしまいますが、その歯垢の中にはたくさんの細菌がいます。歯石そのものは文字通り石に近いため細菌活性は低いのですが、放っておくと様々な病気の元となってしまうため、早めに除去してあげる事が重要になります。

放っておくと何が起きるのか

歯石の表面から細菌が入り込むと、歯茎に炎症が起こり歯肉炎の状態になります。歯肉炎の状態を放置すれば、出血したり膿がたまったりします。さらに進行してしまうと、顎の骨が溶けて歯が抜け落ちる事もあります。
歯石除去の目的は、歯の表面を滑らかにして細菌のすみかである歯石を取り除き、細菌やその産生物をコントロールして病気を予防することにあります。
歯石を取れば歯周病がよくなるのではなく、取った後も継続的に歯垢がつかないようにケアすることが大事です。

歯磨きすれば大丈夫?

また歯石も歯垢も、歯肉より内側(歯周ポケットの中)にも付着しますので、目に見えるところだけを除去しても効果は高くありません。歯周ポケットの中の処置が重要であり、麻酔をしないとこのような処置は出来ません。

Copied title and URL